読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

鬱になってみてわかった、元気な時との感覚の違い。

生き方

人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


f:id:hikiyosesmith:20160921042249j:plain

こんばんは!平井堅似ドマジメ鬱ブロガーのSmith♪です。

 

僕は、現在鬱を持っているのですが、最近元気な時が出てきまして、両極端の感覚を味わっているので、とても明確に身体の感覚でわかりまして、 その両者の感覚の違いについて記事にしてみたいと思います。

 

明らかに鬱な時、元気な時と、全く身体の感覚が違うのです。

 

気分

まず、当たり前ですが、鬱の時は気分が悪く、元気な時は気分がいいです。当たり前ですね。笑

 

で、ちょっと細かくその気分を文章化すると、鬱の時というは、「カオス(混沌)」としている感じです。ぐるぐると思考が止まらなくなり、出口の無いトンネルにいると本気で思います。

 

物事を悪い方にしか考えられなくなり、不安、恐怖、絶望がとめどなく襲ってきます。

 

逆に、元気な時というのは、「クリア」な状態と言えます。気分はスッキリしていて、心の底にゆるやかな明るさみたいなものが見られて、未来に柔らかい希望を感じます。そして、安心感に包まれている感じがします。

 

もともと元気な人はこれが当たり前なのでしょうが、僕にとってはこの元気な時というのは身体の感覚で明確にわかります。

 

あとは、物事の楽しい部分が見えて、世界がカラフルに見えます。鬱の時は本当に味気なく、灰色のように感じます。不思議ですね。

 

 

思考

先ほども書きましたが、鬱の時は思考がぐるぐるとカオスな状態になっていて、ずーっと止まりません。しかもその思考は、自分を苦しめるものです。

 

「俺はダメだ、俺はダメだ」

 

そういう声に悩まされます。何かを考えても、いきつく先はすべて嫌な方になってしまうんですよね。

 

逆に、元気な時というのは、思考している感じがあまりありません。考えることは楽しいことで、考えた先は鬱とは逆で、「うまくいく」、「楽しい」そんな風なことを自然と思考しています。

 

自分が持っている思考能力を、自分のためにちゃんと使えている感じがします。本来は思考は自分のために使うものですからね。

 

コミュニケーション

鬱状態の時は、基本的に誰とも話したくありません。家族ともです。なぜかというと、鬱状態に成っている時は、先ほども言ったように世界が味気なく、灰色に感じているので、何を話しても、

 

「くだらない」

 

という感じがして、コミュニケーションに意味を見出せなくなります。また、相手のあ反応ばかり気になって、「相手に責められている」という被害妄想のようなものを抱えながら話すので、全然楽しくありません。

 

むしろ、心の底に恐怖を抱えながら人と話すような感じになります。

 

逆に、元気な時というのは、世界が鮮やかに感じて、魅力で溢れているように感じるので、いろんなことを話したい気分になります。

 

「自分から、これを話したい」という主体的な感覚が生まれ、身体の中心あたりから、エネルギーを発しているような感じがあります。

「人が好き」という感覚があるので、「人に嫌われる」という恐怖はほとんどありません。

 

また、相手の言動にいちいち反応することもなく、大きな椅子に腰をかけているような安心感で人と話せます。

 

身体

この身体の状態というのが、僕が自分が鬱状態にいるか元気な状態にいるのか、一番明確に区別しやすいものです。

 

結構多いので、箇条書きにしてみます。(それぞれ同じ数字のところが対応しています)

 

鬱状態の時

1:肩が急激に凝る

2:喉に何かつっかえているような、詰まる感覚がある

3:身体のあちこちがピクピクと軽く痙攣する

4:身体が上の方に持ち上げられている感じがする

5:思考にしめつけられているような感覚になる

6:胸の下あたりが恐怖を感じてキュンとして落ち着かない感じになる

7:血の気が引くような感じがあり、手や足に血が通っていない感じになる

8:歯を噛み締めている

9:腕や足の関節、足裏に無意識に力が入っている

 

元気な状態

1:肩がすっきりと軽い

2:喉もすっきりと通っている感じがする

3:身体がリラックスしていて、ピクピクと痙攣することはない

4:身体が重力にしたがって、下方向に引っ張られている感じがする

5:思考から解き放たれて、頭がスッキリしている

6:胸の下あたりは暖かい感じがして、安心感を感じて落ち着いている

7:血液が身体全体にまわっているような感じがあり、体温も温かい

8:歯には無理に力が入っていない

9:腕や足の関節、足裏は自然な状態で、無理な力は入っていない

 

このような感じです。今鬱で困っている人や、近くに鬱の人がいるという方は参考になればと思います。

 

同じ人間でも、ここまで感覚が正反対だとなんだか面白くて、記事にしました。人間って不思議な動物ですね。他の動物は基本的にこんな風にはなりませんから。

 

日本は鬱の人が多く、自殺者も他の国に比べて多いです。まずは僕がもっと元気になって、鬱から復活した人間として誰かの参考になれば嬉しいなと思います。

 

他にも書きたいことは結構あるので、また書きたくなったら書きたいと思います。

 

 

↓こちらの記事も読まれています

hikiyosesmith.hatenablog.com

プライバシーポリシー