読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

田村淳著【日本人失格】Amazonで予約開始!最新情報まとめ


人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


1月6日、明け方に芸人の田村淳さんがツイッターでツイートをしました。

 彼の新刊「日本人失格」という本がAmazonで予約開始したという内容です。

 

この突然の告知に「読んでみます」「書います!」「予約しました!」などのリプライが多数届いています。

 

また、Amazonでは早速ベストセラー1位の人気ぶり。

f:id:hikiyosesmith:20170107045509p:plain

フォロワー数120万人を超える田村淳さんが1ど呟くとこれほど影響力があるということです。

 

田村淳著「日本人失格」ってどんな本?

タレントのロンドンブーツ1号2号の田村淳が、今の自分と日本について、思っていることを素直に綴った本。

田村淳さんは以前に単行本を出版していることはありましたが、新書としては今回が初めての出版。

 

ツイッターでは良く政治のことをツイートしたり、世間への問いかけのようなツイートで最近田村淳さんの発言が注目されています。

 

この「日本人失格」では、テレビ番組の制作現場で感じていることや、子供時代のエピソード、今のネットや日本社会に感じる息苦しさ、若い人たちへのメッセージなどが綴られています。

 

ただのお笑い芸人から、松本人志さんのような社会派芸人へと変化している姿がうかがえる本となっています。

 

「日本人失格」の目次

この本の目次は以下のとおり、

 

(目次)

第1章 芸能界は息苦しい

第2章 サラリーマンも窮屈だ

第3章 田村淳はどのようにして誕生したか

第4章「1隅を照らす」生き方

第5章 なぜみんなに認められたいの?

第6章 思考停止と依存体質を脱するために

 

このような目次になっています。

目次を見るだけでも、かなり興味をそそられる内容になっています。

 

今の日本の息苦しさ、生き辛さへの問題意識、それに対する田村さんなりの解決策が提示されています。

 

もっと細かな内容

更に内容で面白いそうなところをピックアップすると、

 

・僕はそもそも自分のことを芸人だと思ってない

・シャブ芸能人としゃぶしゃぶ食いながらシャブ談義する

・「東京では友達は作らない」覚悟で上京してきた

・売れない頃は7股もヒモ生活も経験した

 

などなど、今までの田村淳さんのイメージをちょっと壊すような過激な内容となっています。

今はお金持ちとなった田村さんですが、貧乏のドン底時代を経験しているからこそ、それがバネになったことなども書かれています。

 

他にも、

 

・怒りに時間を使うのはもったいない

・自分を追い詰めすぎないために、自分に適度にウソをつこう

・「アリとキリギリス」のアリのような生き方は好きじゃない

 

など、現代の多くの日本人が感じている生き辛さに対する田村さんなりの答えが書かれています。

 

Amazonでの発売日は?

この田村淳さんの新刊「日本人失格」は合計208ページ。それなりのボリュームとなっています。

 

Amazonでの発売日は2017年2月17日。現在絶賛予約受付中。

 田村淳さんの他の著書

田村さんは他にも書籍をいくつか出版しているので、紹介します。

35点男の立ち回り術

2015年に発売された本。

この本は田村淳流の人付き合いに特化した内容になっています。

彼の天性にも見えるコミュニケーション能力の高さは、実は子供時代のコンプレックスをバネに試行錯誤して身につけたということがわかり驚きます。

 

ロンブー淳×森川教授の最強の恋愛術

この本も比較的最近の2012年に発売された本。

2010年代に入ってから田村さんは多くの書籍を出版しています。

もともとはananの人気連載を書籍化したもの。

思わずハッと目覚めてしまうような恋愛の格言が沢山ちりばめられています。

 

淳と隆のなんだかおかしいニュースの裏側

こちらは先ほどの恋愛指南本から一転して社会派な一冊。

憲法改正、集団的自衛権、アベノミクス、ネトウヨ、ブラック企業、既存メディアとネットメディアなどなど、今日本が抱える問題を次々と扱っています。

Amazonのレビューでは「リテラシーの基礎が学べる」など評価が高いです。

 

まとめ

2010年以降の田村淳さんは、芸人の枠を超え作家としても活躍しています。

今回の「日本人失格」は、そんな田村さんの作家としてのキャリアを決定づけるものとなる予感がします。

 

多くの芸能人がSNSで自分の意見を伝えることができるようになったのも、こうやってお笑い芸人が批評家のように意見を主張できるようになった理由の1つ。

 

お笑い芸人→司会者→批評家

 

最近はお笑い芸人の1番の出世コースはこのようになっています。

そして芸人の最終到達点とは、松本人志さんのようなどんな話題に対しても意見を述べるようになる批評家になることなのかもしれない。

 

「日本人失格」は、ベストセラー1位獲得。現在絶賛予約受付中。

 

プライバシーポリシー