にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

【東京都】「ミッドサマー ディレクターズカット版」の上映劇場一覧

f:id:hikiyosesmith:20200306212340p:plain

アリ・アスター監督の最新作「ミッドサマー」のディレクターズカット版が3月13日より全国の劇場で公開される。

日本では2月21日より全国公開中だが、大ヒットの影響を受けてディレクターズカット版が公開されることに。

 

ディレクターズカット版とは?

ディレクターズカット版とは、ディレクター(監督)が自分の好きなように編集、削除シーンを加えた状態の作品のこと。

通常では、商業的な理由からプロデューサーによって監督の作った作品に手を加えられてしまうことが多く、ディレクターズカット版では、より監督の表現したい作品に近い状態であるといえる。

 

ミッドサマー ディレクターズカット版

ミッドサマーでは、現在公開中の通常版では上映時間が147分(2時間27分)だが、ディレクターズカット版では170分(2時間50分)となる。実に23分もの追加シーンが加えられている。

また、通常版では映倫区分がR15+だが、ディレクターズカット版では過激シーンが多く存在しR18+となっている。

料金も一律2000円と、通常のチケットよりも100円高い。

 

東京都のミッドサマーディレクターズカット版の上映劇場一覧

東京都のミッドサマー ディレクターズカット版の上映劇場は以下の通り↓

 

・TOHOシネマズ日比谷(3月13日より公開)

・TOHOシネマズ新宿(3月13日より公開)

・TOHOシネマズ新宿(3月13日より公開)

・TOHOシネマズ渋谷(3月13日より公開、※ディレクターズカット版のみ)

・TOHOシネマズ六本木ヒルズ(3月13日より公開)

・池袋HUMAXシネマズ(3月13日より公開)

・TOHOシネマズ錦糸町(3月13日より公開)

・TOHOシネマズ西新井(3月13日より公開)

・TOHOシネマズ府中(3月13日より公開)

・TOHOシネマズ南大沢(3月13日より公開)

・吉祥寺オデヲン(3月13日より公開)

 

注意点は、今回のディレクターズカット版は東京の全ての劇場で公開している訳ではなく、全体の約6割ほどの劇場でしか公開されていないことだ。

また、TOHOシネマズ渋谷ではディレクターズカット版「のみ」となっているのでその点にも注意が必要だ。

 

f:id:hikiyosesmith:20200306212358j:plain

映画「ミッドサマー」のあらすじ

映画「ミッドサマー」は、トラウマを抱え、精神的な疾患を抱えている大学生のダニーが、恋人のクリスチャンと一緒に夏にパーティーに参加する。

二人はそこで90年に1度開催される夏至祭に参加することに。

ダニーは当初は幻想的な風景と親切な村人に魅了されるが、この祭りはただの祝祭ではなく、恐ろしい祭りであった。

それを知らずに参加したダニーたちが、不安と恐怖に苛まれていく、という物語。

ミッドサマーとはスウェーデン語で夏至祭を意味する。

 

本作は批評家から絶賛され、映画批評サイトのRotten Tomatoesでは批評家支持率89%、平均点は10点満点中7.93点となっている。

今作はアリ・アスター監督の独創性が十分に発揮された作品で、「ホラー映画の巨匠と見なされるべき」という声まであがっている。

 

プライバシーポリシー