にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

【速報】陸上男子桐生祥秀が日本人初9秒台!大会の様子など


人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


男子100mで桐生祥生選手が日本人として初めて9秒台を記録しました。公式の記録によるもので、9秒98。日本陸上の歴史的快挙となった。

 

9秒台をマークした大会は日本学生対抗

桐生が9秒台を記録したのは、日本の学生のみが参加する学生対抗。公式の大会で、このレースによって9秒台をマークしたことは、正式な記録となる。

 

記録が出たのは大会2日目

この快挙を達成したのは学生対抗選手権の第二日、9月9日。福井県の県営陸上競技場。

決勝に進んだ桐生は、追い風1.8メートルの中、9秒98をマークし1着。

かつて伊藤浩司が1998年に記録した10秒00の記録を19年ぶりに更新しました。

 

予選の桐生の様子

同日行われた予選では、追い風4.7メートルの第7組で走り、10秒18で1着をキープ。予選から好調だった。

桐生選手は、以前に太もも裏の肉離れを起こし、それ以降調子がふるわない大会も多い中、徐々に調子をあげての快挙となりました。

 

日本人にはだかっていた9秒台の壁

日本人にはどうしても9秒台を達成することができないというジンクスのようなものが存在していました。

日本人の体格上無理なのではと囁かれた時もありましたが、近年のスポーツ科学の発展により、NHKなどではもうあと一歩で達成できるという趣旨の番組が放送されていました。

9秒を日本人が出せるようになったことにより、リレーだけでなく100mや200mでもオリンピックや世界選手権でのメダルに期待が膨らみます。

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー