にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

【えんとつ町のプペル】のカラオケや楽譜が登場!西野氏「ジャンケンと同じ」


人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


f:id:hikiyosesmith:20170503173501j:plain

取材を途中退席したことで再び世間で取り上げられているキンコン西野亮廣。そんな彼のブログ「魔法のコンパス」キングコング西野オフィシャルダイアリーにて5月3日16時頃に「カラオケデータも無料」というタイトルでブログを更新。

 

著作権について話す西野氏

昨今、ネットの普及で何かと話題になるのが「著作権問題」。どこまで何を使って良くて、どこからがダメなのか?その線引きがネットで気軽に画像や動画などを利用できることにより、難しくなっている。

そんな西野氏は、自身の大ヒット作の絵本「えんとつ町のプペル」については、著作権をほぼフリーにしている。

 

さよならJASRAC

「さよならJASRAC」という記事では、プペルの画像が使われた列車が無断で使用された時も、これは僕の展示会のために作られたからオッケーと話す。

西野氏は同ブログで「10万部売れることよりも、1000万人に愛されることの方が遥かに価値がある」と力強いメッセージを発している。

更に、「えんとつ町のプペルで商売を始める人がいたって構いません。」とまで言っており、昨今のJASRACが著作権を厳しくしたのに対し、真逆の話をしている。

 

著作権は道徳で決める

また、西野氏は著作権に対し、「セーフorアウトの線引きはルールで決めるのではなくて『道徳』で決めた方がいいというのが僕の考え」と主張。

近年、取り締まりが厳しくなってきている著作権問題だが、そこに明確なルールを決めるのではなく、お互いの想いやりのようなもので著作権を扱う方がいいのではとメッセージを発している。

 

えんとつ町のプペルの楽曲について

また、「えんとつ町のプペル」には主題歌があり、これもキャラクターの権利と同じように西野氏は明確な線引きをしていない。これについて吉本関係の音楽を扱う「音楽班」と呼ばれる場所からは「JASRAC登録して権利を守りましょう」と西野氏に提案。

しかし西野氏は「ジャンケンに権利があったらここまで広まってないですよ」と、ジャンケンには著作権が存在しないことを理由に、プペルの楽曲はJASRAC登録をしなかった。

 

えんとつ町のプペルの音源がフリーに

こういった経緯があり、えんとつ町のプペルの音源の著作権はフリーに。西野氏は「ライブやるのも自由、YouTubeにアップするのも自由」と大盤振る舞い。

更に同じブログでは「楽譜も公開しちゃいます」とのことで、主題歌「えんとつ町のプペル」の楽譜も登場。

 

えんとつ町のプペルの楽譜

楽譜は以下の通り▼

f:id:hikiyosesmith:20170503172359j:plain

f:id:hikiyosesmith:20170503172356j:plain

f:id:hikiyosesmith:20170503172349j:plain

全3ページからなり、メロディー部分の音符と、歌詞、そしてギターなどで弾けるコードがついた楽譜となっている。この楽譜があれば、少し音楽ができる人ならすぐに弾き語りができるだろう。

 

えんとつ町のプペルのカラオケ音源も登場!

また、伴奏のみで歌がないえんとつ町のプペルのカラオケ音源も西野氏はブログで無料配布。こちらは5月3日〜14日までの期間内であれば、ギガファイルにて無料で今すぐダウンロードできる。

18.gigafile.nu

 

広がり続ける西野氏の思想

毎回西野氏はブログを更新するたびに賛否両論が別れ「炎上」状態になるのが常だが、ここ2、3ヶ月で西野氏を批判する人がかなり減ったように思える。

それは、アンチが西野氏に飽きてきたということでもあり、西野氏が今回のさよならJASRACのように日本で問題となっていることに対する彼なりの「解決策」を明快に投げつけてくるからだ。

しかも、この西野氏の「解決策」は納得する点が多く、なぜか心地よくすがすがしい気持ちがすることがある。そんなことから最近では彼が突拍子もないことをしても昔ほど炎上はしなくなっている。もちろんニュースにはなるのだが笑

 

面白かったらオッケーだ

西野氏は、世の中を面白くしたいという。彼のすさまじい原動力はそこから来ている。これからもどんな「驚き」を見せてくれるのか?「ディズニーを超えたい」と本気で話す彼から今後も目が話せない。

 

えんとつ町のプペル書籍版

知られていない名作『Dr.インクの星空キネマ』

▼こちらは西野亮廣による2009年発売のモノクロの絵本「Dr.インクの星空キネマ」。大型本の形式を取っていて、こちらも2700円と高額。ですがページ数は144もある大ボリューム。西野亮廣の絵の世界に入り込める一冊となっている。

天文台にひとりで暮らすおじいさんや、時代遅れのハシゴ屋、村人から恐れられているバケモノ、世界中のみんなのために「夢の脚本」を書き続ける人など1クセも2クセもある登場人物たちが、【小さな幸せ】を見つけていく感動ファンタジー。

 

あまり知られていないが、白黒ですがこの絵本も名作。

西野亮廣初の自己啓発本『魔法のコンパス』

▼こちらは2016年8月12日発売の西野亮廣自身による自己啓発本「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」。Amazonでは113件の評価のうち94件が「満点の星5つ」と高評価(2017年1月19日現在)。彼の「考え」「ビジネス感」「生き方」がおなじみの独特の切り口で語られたものとなっている。

 

プライバシーポリシー