読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅいんたれすと

映画・TV・音楽などのエンタメ最新情報やお役立ち情報サイト

【速報】カルテット6話に大森靖子が出演!!詳細まとめ

カルテット

人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


1月から逃げ恥ブームの後ドラマとして始まったTBS火曜夜10時〜ドラマ、カルテット。視聴率は10%を割ってしまい7%台を推移。ですがツイッターなどでは熱狂的なファンがついていたり、評論家が口を揃えて今期のおすすめのドラマに挙げたりするなど、視聴率じゃない部分で超高評価を得ています。

 

そんなカルテット第5話が2月14日に放送され、第一幕が終了。最後には松たか子演じる真紀の失踪していた夫役として宮藤官九郎が登場しツイッターは大いに湧きました。

 

カルテット第5話終了後に大森靖子さんが

そして、カルテット放送終了後に大森靖子さんがツイッターでぽろっと以下のツイートをしました。

 最初は嘘?かと思ったのですが本人のツイートを見るとガチな感じです。

このツイートは第5話放送終了後にも関わらず、1600リツイートを記録。大森靖子さんのファンでは驚きの声が上がっています。

 

TBS公式サイトカルテット第6話を見てみると...

そして一応確認のため、TBS「カルテット」公式サイトを見てみると...

f:id:hikiyosesmith:20170214232801p:plain

ありました!大森さんは水嶋玲音(みずしまれお)という役で出演するそうです。

ちなみに第5話の放送が終わったあとに出演者の部分が更新され、真紀さんの夫役の巻幹夫の部分に宮藤官九郎が追加されました。

 

大森靖子さんはカルテットでどんな役に?

気になるのが、「大森さんはカルテットでどんな役になるの?」というところ。

大森さんはカルテットの主題歌「おとなの掟」を作曲した椎名林檎さんにオマージュを捧げてアルバムを作っていることもあり、このドラマとのつながりを感じます。

 

かつて「激情派」とも言われたシンガーソングライターなので、今まで登場した個性的な音楽家の一人として登場する可能性大です。大森さんはおそらく歌手として出演する気がします。

 

そもそも大森靖子って誰?って人のために

大森さんを知らないという方のために簡単に彼女の紹介をしたいと思います。

大森靖子さんは1987年9月18日生まれの日本女性シンガーソングライター。現在29歳。

出身は愛媛県松山市。武蔵野美術大学を卒業しています。

 

初期には激情派と呼ばれ、ファンキーな音楽を表現してきました。2014年の途中までは芸能事務所に所属せず、大手レコード会社とも契約をしないなど、一匹狼のような雰囲気があるアーティストです。

 

 

最新アルバム「kitixxxgaia」は現在Amazon楽天にて予約受付中です

TOKYO BLACK HOLE

ちょっとカルテットドーナツホールとかぶる気もしますw

魔法が使えないなら死にたい

「○○っぽい」という言葉で平気で音楽を評価する人への反感を込めてあえて椎名林檎の2ndアルバム「勝訴ストリップ」のオマージュにした1stアルバム「魔法が使えないなら死にたい。」とても挑戦的なアルバムになっています。

オマージュ元となった椎名林檎の2ndシングル「勝敗ストリップ」。背景の暗さや、後ろの花がそっくりです。ポーズは大森靖子さんの方が挑戦的なものになっています。

プライバシーポリシー