読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

【大根ありがとう芸人】がマニアックすぎたwアメトーク

アメトーク

人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


2017年1月19日(木)(23時15分〜24時15分)放送のアメトークでは、「大根ありがとう芸人」という謎の特集が組まれました。笑

ですが「大根ありがとう芸人」のトークが面白くてつい最後まで視聴してしまいました。

私はそこまで大根が大好きってほどでもないですが、この放送を見て大根が前より好きになった気がします。

大根ありがとう芸人とは?

今回の企画は、「大根を愛しすぎているメンバーがその魅力について語る」というなんともマニアックな放送回です。

 

大根というと「大根役者」や、足が太いことを「大根足」と言われてしまうネガティブなイメージが多いですが、今回はそんな大根へ「ありがとう」と感謝し、メンバーが大根愛を語りまくっています。

 

アメトークでは「食シリーズ」というのが定期的に開催されてきましたが、今回食を扱うのは1年ぶりの放送。毎年食シリーズは年始1月に1回だけ放送されています。

f:id:hikiyosesmith:20170120001139j:plain

 

アメトーク「大根ありがとう芸人」の概要

「身近な存在だけど意外と知らない大根の世界」「大根を食べるならこの店がオススメ」など、放送では大根についての奥深いトークが繰り広げられました。

 

また、さまざまなおろし器を使って大根をおろしたり、「大根あるある」の話などが数多く繰り広げられました。笑

 

また、おなじみとなりつつある安田美沙子出演の「大根憧れシチュエーションドラマ」も放送。謎展開に爆笑をさらっていました。

 

大根ありがとう芸人の回メンバー

今回のアメトークメンバーは「博多歌丸」「ケンドーコバヤシ」というもはやアメトークのレギュラーになっているかのような二人。ケンドーコバヤシは本当に大根が好きなのか怪しいくらいです。笑 でも面白かった。w

 

そしてこの二人ほどじゃないですが良くアメトークに出演するメンバーである「アンジャッシュ渡部」「ずん板尾」「ナイツ塙」の三人。

 

そして驚きなのが今回の大根ありがとう芸人のメンバーにV6の「長野博」が入っていることです。大根が相当好きなのでしょう。笑

放送を見ると、自分で大根を栽培したり、番組で紹介された「楽楽オロシま専科」をデモしたりと凄い本格的でした。(後述します)

 

また、女性ゲストとして「倉科カナ」が出演。相変わらずの可愛いスマイル。

倉科カナさんも大根が大好きのようでした。

 

大根ありがとう芸人の放送内容

冒頭からケンコバが「大根についてしゃべってる人で嫌そうな顔しているのを見たことがない」とボケ。それに対し「そもそも大根についてしゃべることある?」と宮迫が突っ込んでいました。笑

 

ずんの板尾は「大根実際に売ってる人みたい」と突っ込まれ会場が爆笑。

 

「日本刀の切れ味を確かめる時に大根が切られるでしょ?ちゃんとスタッフが美味しくいただいてる?」

 

など大根が日本刀の切れ味を確かめるのに使われたり、ぞんざいな扱いをしていることを指摘。確かに納得です。

 

また、「たくあんとべったら漬けを音を鳴らさないで食べられる」と博多華丸が豪語。そして音が出ないように挑戦したけれど「ボリッ」という音が鳴ってしまいました。wそりゃ鳴りますわな。

 

大根についての豆知識シリーズ

放送では大根についての豆知識も放送されていました。

都道府県別収穫トップ3が発表され、1位北海道、2位千葉、3位青森。

 

蛍原が「俺の出身北海道!」と言ったが宮迫に「お前大阪出身やろ」と突っ込まれていました。 

他にも大根には色々な種類があって、「ねずみ大根」「桜島大根」「三浦大根」などが紹介されました。

 

これらの大根はAmazonや楽天で購入することもできます。笑▼

今日のアメトークを見たら、色んな大根を食べ比べしてみたくなりました。

大根のスーパスローシリーズ

大根おろしや、輪切りのシーンがスーパースローで流れました。

色々なシーンが流れる中、最後に「女性の胸に大根おろしが落とされるシーン」が流れ、男性メンバーが大興奮。

宮迫も「あれ毎年流れるねん、そして俺好き」といい会場が爆笑。

 

倉科カナはおろしハンバーグが好き。

 

そこでケンコバが、「おろしハンバーグでハンバーグがなかったらまぁ食べるけど、おろし付いてなかったらブチ切れる」

とちょっと意味不明なボケをかましていました。笑

 

ねずみ大根のしぼり汁だけ

ねずみ大根という大根の汁に、うどんをつけ食べる企画がありました。

先ほどAmazonや楽天で売っていると書いた大根です。▼

宮迫さんが食べてみると、途端に「ゲホッ」とむせ出しました。

ねずみ大根のしぼり汁は激辛になっていて、宮迫は知らずに食べてむせてしまいましたが、それが癖になるとのこと。

 

また、V6の長野が「大根シックスや」と言われいじられる。

その後長野が辛味大根をおろしました。辛味大根は汁が出ないのが特徴で、これも宮迫が試食。ですが「かっらぁぁ」と叫んでいました。

 

辛み大根も調べてみると、Amazonや楽天で売っていました。▼

最近は大手通販会社で食料の販売も力を入れているようです。

大根おろしの便利グッズ「楽楽オロシてみま専科」

そして面白かったのが「どちらの方向にも歯がついていて通常の2倍のスピードでおろせる」とV6長野が力説していた大根おろしの便利グッズ。

「なんか俺、店頭販売の人みたいになってません?」と一人ツッコミをしながら紹介していたのですが、笑

 

すごい使いやすそうでした。長野曰く、この大根おろし器を使うとふわふわになって辛みが出づらいとのこと。

台も固定されていて倉科カナさんも「やりやすい〜」と大根おろしがしやすそうでした。

これも調べてみると、Amazonや楽天で販売されていました。

毎回アメトークで紹介されると売り切れることが良くあるので注意です。

 

楽楽オロシてみま専科▼

アメトーク「大根ありがとう芸人」まとめ

個人的には、放送の冒頭でV6の長野さんが紹介されていた大根おろし専門機器「楽楽オロシてみま専科」がすごい気になりました。

 

家でさんまの塩焼きをする時などに大根おろしを良く作りますが、これが一台家にあるともっと大根おろしを使った料理をしそうです。

ご飯に乗せてしょうゆをかけて食べるのもおいしそうだし、焼き魚など。

今の時期はおでんに大根おろしを載せて食べるのも美味しそうです。 

 

アメトークで放送された「楽楽オロシてみま専科」▼※在庫切れになる可能性有です

スポンサーリンク

 

プライバシーポリシー