にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

星野源の新刊本【いのちの車窓から】Amazonで予約開始!最新情報まとめ


人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


12月20日のお昼頃、ニュースが飛び込んできました。

今をときめく俳優で歌手の星野源の最新刊「いのちの車窓から」の発売が決定し、Amazonで予約受付が始まったとのこと。

f:id:hikiyosesmith:20161220174851p:plain*1

星野源は、現在ドラマ「逃げ恥」が絶好調で、視聴率は回を追うごとにうなぎのぼり、他にも平均視聴率16%を叩き出したNHK大河ドラマ「真田丸」に出演、

 

また、星野源自らが歌う逃げ恥の主題歌「恋」のダンスがYouTubeなどで話題になったり、年末は2度目の紅白歌合戦に出場が決まっています。

今年は星野源イヤーと言えるような絶好調ぶりを見せている彼、来年も彼の勢いは止まらなそうです。

 

この記事では、星野源の最新刊「いのちの車窓から」についてまとめました。

もともとは雑誌「ダ・ヴィンチ」連載ものだった

この星野源の新刊は、完全書き下ろしではなく、もともとは雑誌「ダ・ヴィンチ」で2014年12月(2014年11月6日発売号)より連載をスタートしたもの。

▲星野源の連載がスタートした雑誌「ダ・ヴィンチ」2014年12月号。現在新刊発売の効果によりAmazon雑誌書籍部門でベストセラー1位となっている。

 

雑誌「ダ・ヴィンチ」とは?

雑誌「ダ・ヴィンチ」とは、KADOKAWAが発行する月刊誌。総合文芸誌。発売日は毎月6日。

 

1994年に当時の株式会社メディアファクトリーによって創刊され、その後角川グループの雑誌となりました。*2

主に書籍の紹介が中心の雑誌。

 

特徴

文芸というと、「小説」というイメージがありますが、「ダ・ヴィンチ」は漫画も積極的に紹介しています。

表紙は先ほどの星野源のように、自分がいちばん好きな本を手に取った歌手や、役者が飾ります。

 

毎号、大きな特集が2つあり、小説家や漫画家に焦点を当てたものの他に、際どいテーマが特集されることがある大人向けの雑誌となっています。*3

 

星野源のダ・ヴィンチ連載「いのちの車窓から」

その雑誌「ダ・ヴィンチ」で2014年12月から連載をしている星野源。

タイトルは「いのちの車窓から」。内容はエッセイとなっていて、星野源唯一の連載。

 

その人気ぶりはすごく、KADOKAWAの編集部へ単行本化熱望の声が殺到。

 

タイトル「いのちの車窓から」の由来

このタイトル「いのちの車窓から」の由来は、

 

普段かけている度の強いメガネのレンズ越しに、周囲を見ている自分を、なんとなく「窓の内側」にいると感じていることをきっかけに表現したもの

 

「現実は1つ、しかし窓からどのように世界を見るかによって変わる」

という意味があります。

 

また本人は、

人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。

ということも言っています。

 

どんな内容?

そこまで人々を熱狂させているという「いのちの車窓から」とはどのような内容なのか?少し調べてみました。

星野源の2年間の軌跡と共に、彼がその想いや経験、成長を綴っています。

 

世界と自分の間にある窓から、彼が見てきた自分の内側にある「面白さ」を星野源独特の表現で描写しています。

また、「自分の内側」に感じたことを、本音と彼なりの哲学で書かれています。

 

他には、

 

・こっそりと別人としてツイッターをしていた秘話

・集団ではいつも一人でいた自分が「自分が人見知りである」と自ら言うことをやめたきっかけ

・星野源の日常のとある1日を淡々と描いた記録

・ある人の言葉に想いを馳せ、山手通りを泣きながらあるいた日のこと

・大ヒットシングル「SUN」「恋」に込めた想いや制作過程

・念願の紅白出場

・「逃げるは恥だが役に立つ」撮影現場で得た「気づき」の数々

 

などなど、彼の2年間のエピソードが丁寧に描かれています。

 

「いのちの車窓から」を読んだ人々の反応

この雑誌「ダ・ヴィンチ」のエッセイを読んでいるファンの反応▼

 

「私が源さんのことを好きになったきっかけは、いのちの車窓からでした。これからも源さんの言葉を届けてください」

「源さんがその時見ている景色を、源さんの紡ぐ言葉や文章を通して感じられることが、何より幸せでした。」

 

熱狂的なファンがいることがわかります。

 

新刊「いのちの車窓から」

新刊、「いのちの車窓から」では、2014年の連載開始から2年分のエッセイに加え、本人が自ら「追記」。また書き下ろしも大量にあるとのこと!

 

発売日

「いのちの車窓」からの発売日は2017年3月30日(木)発売予定。

価格は本体1,200円(税抜)

ページ数は200ページ程度

 

「いのちの車窓から」はAmazonで予約受付中

現在、「いのちの車窓から」はAmazonで予約受付中!

早速、Amazonの書籍ランキングでベストセラー1位となる人気ぶり。

在庫がなくなる前に早めの予約をオススメします。

 

▲まだ発売が決定したばかりなので、Amazonでも表紙の画像は出ていません。

 

挿絵は「すしお」

また、今回の単行本には、「キルラキル」のキャラクターデザインもつとめた「すしお」さんが手がけています。

彼は連載中から星野源とタッグを組み、その愛くるしい挿絵が密かに話題になっています。

 

すしおさんのイラストから抜粋。表情豊か、そして愛くるしいデザインが話題となっています。▼

f:id:hikiyosesmith:20161220152149p:plain

f:id:hikiyosesmith:20161220152229j:plain

 

星野源の人気書籍

星野源の人気書籍を2つ紹介!

蘇る変態

・タイトルのインパクトからとても売れている星野源の書籍

・ベストセラー1位!

・レビューは42件中41件が満点の星5つと、驚異の高評価

 

働く男

・星野源自身が表紙に写っているという珍しい本

・こちらもJ-POP部門のカテゴリーでベストセラー1位!

・星野源の「ものづくり」=「仕事」への熱い思いを感じることができる一冊

 

まとめ

一部のコアなファンがいた状態から、今回の「逃げ恥」で一気に全国区にまで知名度を上げた星野源。

2017年もその活躍が期待されます。

 

以前は多忙さゆえ、歌謡祭の出演をキャンセルしたことで話題になりましたが、身体に気をつけてこれからも頑張っていただきたいなと思います。

 

彼の歌はどこか耳に残り、そしてとてもポップで明るいことが特徴で、歌が抜群に上手いわけでも、曲が独創的なわけでもないですが、どこか口ずさんでしまう、そんな特徴があります。

 

また、逃げ恥などで役者をやられていますが、非常に表情豊かで見入ってしまう魅力があります。

これからも彼の活躍を見れることが楽しみです。

 

▼「いのちの車窓から」は、現在Amazonで絶賛予約受付中 

【速報】DVD&Blu-ray Boxの受付がAmazonその他で開始!

逃げ恥のDVD&Blu-ray Boxの発売は決まっていましたが、速報でAmazonや楽天で受付が開始されました!

これで家でいつでもみくりとひらまささんに会うことが出来ます!

 

Blu-ray版▼

DVD版▼

プライバシーポリシー