読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

iPhone6をiOS10.2にしてみた結果【スクリーンショット音が小さい?】


人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


今日12月13日(火)、Appleが急遽iOS10.2をリリースしました。

もはや皆さん知っていると思いますが、iOS7→8→9→10というのは大きなアップデートで基本的に1年に1回、そしてiOS10→iOS10.0.1のようなものは小さなバグなどの修正。

 

そして今回のようにiOS10.1→iOS10.2のようなものは小規模アップデートで、少し内容が変更になります。

今回のアップデートでは、100種類以上の絵文字が追加された他、電車の中でスクリーンショットをしたりした時のあの「カシャ」という音が今までうるさかったですが、それが無音にすることが出来るようになりました。

 

という感じで、iOS10.2全体の詳細については他のサイトさんが上手くまとめてくれているので、この記事では「iPhone6でiOS10.2にするとどうなるの?」ということに絞ってお話していきます。

 

前回のiOS10の際のレビューはこちら▼

hikiyosesmith.hatenablog.com

iPhone6をiOS10.2にしてみた

iPhone6が発売されたのは今から2年前の2014年10月頃、最近はiPhone7も登場し、だいぶ古い機種になってきました。

 

まずは「設定」→「一般」を見てみると、アップデートの印である「赤い数字」が出ています。▼

f:id:hikiyosesmith:20161213193950p:plain

 

「ソフトウェアアップデート」をタップ▼

f:id:hikiyosesmith:20161213194025p:plain

 

お、iOS10.2と出てますね!「ダウンロードとインストール」をタップ▼

f:id:hikiyosesmith:20161213194136p:plain

 

筆者は外にいたときにこのアップデートの存在を知りましたが、基本的にアップデートは4G回線では出来ません。

なので早くしたい気持ちを抑えつつ、自宅に帰ってからWifiに繋いで行いました。

 

Wifiの速さは最大120Mbpsとそこまで早い方ではありません。

最近は1Gの回線も登場していますので、記事の中に出てくる所要時間等はあくまで参考程度にしてくださいね。

 

iOS10.2のダウンロード開始!

私がiPhone6でiOS10.2のダウンロードを開始したのが12月13日(火)の18時28分、そこからしばらく放置をして、19時に終了。所要時間は32分でした!▼

f:id:hikiyosesmith:20161213194239p:plain

パスコード入力画面が出てきましたので入力▼

f:id:hikiyosesmith:20161213194413p:plain

次はAppleIDを入力。暗くてすみません▼

f:id:hikiyosesmith:20161213194455p:plain

そしたらなんと!ApplePayの登録画面が登場!▼

f:id:hikiyosesmith:20161213194546p:plain

iPhone6でApplePayは使えるのか?

「気になるのはiPhone6でApplePayが使えるのか?」ということですよね。

調べてみると、iPhone6には「FeliCa」というチップが入っていないので、Suicaなどの機能はiPhone6では使えません。

 

しかし、ネット上の決済などは、ApplePayを使って決済をすることができるそうです。

 

ただ、ApplePayが使えるアプリがまだ限られていて、これからどんどん使える範囲が広がっていく予定だそうです。

 

ようやく使えるように!

ここまで進んでようやく「ようこそiPhoneへ」が出てきました。

f:id:hikiyosesmith:20161213195009p:plain

 

今までと違いはあった?

ざっと使って見た感じ、大幅なアップデートでは無いので大きな違いは感じられませんでした。

ただ、初期状態で文字が太くなっていました。文字の太さは「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「文字を太くする」で変更することができます。

 

スクリーンショットの音の変化

そして今回の目玉「スクリーンショット音」。電車の中などでスクリーンショットをするときにスピーカーを手で押さえてしなければいけなかったですが、今回その必要がなくなりました!

 

試しに「消音」にしてスクリーンショットをしてみると

 

無音。。

 

すごい変な感じですが、全く音が出ません。

ついに!あの大きな音とおさらばする日がやってきました!

 

そして、ここも変化していたのが、「消音」にしなくても、音量を下げておくとスクリーンショットの音が小さくなります。

 

スクリーンショットと、音量の大きさが連動するようになりました。

今までは「カ・シャ」とすごい音でしたもんね。

 

まとめ

今の所不具合も全くなく、iOS10.2でiPhone6が使えています。

スクリーンショットが無音になったり、音が小さくなったのは、小さな変化ですがユーザーを考慮した、素晴らしいアップデートだったと思います。

 

来年はiPhone誕生10周年ということで、大幅な変更となるiPhone8も登場することが噂されていますが、まだまだiPhone6は現役です。

出来る限り使っていきたいなと思います。

 

皆さんもiPhone6ユーザーとしてこれからも胸を貼っていきましょう。

 

iOS10にした時の記事はこちら▼

hikiyosesmith.hatenablog.com

 

 

楽天の方はこちらからも見れます▼

プライバシーポリシー