にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

きゃりーぱみゅぱみゅが成宮寛貴の引退についてツイッターでツイート「人生狂わす」


人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


12月9日、芸能界に衝撃が走りました!

俳優の成宮寛貴さんが急遽芸能界を引退するというニュースが流れてきました。

 

これは、フライデーにスクープされたことにより、成宮寛貴さんが相当精神的ショックを受け、「もう芸能界でやっていけない」と引退を発表したというもの。

 

他の芸能人にとってもかなりの衝撃だったようで、現在フォロワー400万人という多さを誇るきゃりーぱみゅぱみゅが、今回の成宮寛貴さんの引退について自身のツイッターアカウントでツイート。

 

きゃりーのツイートはリツイートが5万人を超えるほどで、大きな波紋を呼んでいる。

 

問題となったフライデー▼

きゃりーぱみゅぱみゅのツイートは2つ

f:id:hikiyosesmith:20161209185433j:plain*1

きゃりーが成宮寛貴さんの引退関連でツイートしたのは2つ。

1つ目のツイート

きゃりー自身もSEKAI NO OWARIのFukaseとの交際の様子をスクープされたり、芸能界で活躍するほどに、どんどんプライベートが無くなっていった経験がある。

 

その経験からか、芸能人のプライベートを一切無視して記事にする週刊誌に対して痛烈な批判をツイート。

 

週刊誌のたった一記事が、芸能人の人生を狂わすと指摘しています。

 

1つ目のツイートはリツイートが5万、いいねが6.6万と相当な反響があり、現在もツイッターで拡散され続けている。

 

2つ目のツイート

2つ目のツイートでは週刊誌の写真の掲載方法について言及。

基本的に週刊誌のスクープ写真は白黒。数多くの週刊誌が今のご時世にこぞってスクープ写真に白黒写真を使うということは、白黒写真を使うことにより怪しさが増すためであろう。

 

その悪意溢れる週刊誌の写真の掲載方法について批判。

 

そして、きゃりーなりの改善案として、「海外のようにカラー写真で、 スタバを持っているところなどをスクープしてハッピーな感じにしたらいい」とツイート。

 

週刊誌が怪しい雰囲気ではなく、もっと明るい雰囲気になったらいいのにと主張した。

 

これに対しフォロワーからは、「そう思います。」「怖いね」などの声。

逆にきゃりー自身に対してのクソリプも多く飛んでいて、しばらく波紋は治りそうにない。

 

成宮寛貴直筆の引退コメント全文

一般に公開された成宮寛貴の引退コメントは以下の通り

 

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。

心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が

仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな

部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が

拡がり続ける事に言葉では言い表せないような

不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。

今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により

世間に暴露され続けると思うと、

自分にはもう耐えられそうにありません。

今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。

今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき

関係者や身内にこれ以上迷惑を掛ける訳にはいかない。

少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様

本当にありがとうございました。

応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく

自分を許してください。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

2016.12.8 成宮寛貴

 

プライベートが筒抜けになってしまったことや、友人にハメられてしまったことなどが書かれており、相当な精神的なショックを受けているようだ。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

今年はベッキーのゲス不倫に始まり、乙武氏の不倫報道など、芸能人のスクープが数多くあった。

 

そして2016年の年末には成宮寛貴の突然の電撃引退。

 

たった一記事で芸能人の人生を狂わせてしまう週刊誌。本人がいけないいや、週刊誌がいけない、などその議論は未だに活発に行われているが解決する見込みはない。

 

芸能人の在り方と、週刊誌のモラルが改めて問われている。

 

2017年は今年のようなスクープだらけの年にならないことを願いたい。

きゃりーが言うように、それこそハッピーな話題が増えればいいのだが。

 

 

プライバシーポリシー