読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅいんたれすと

にゅ(New:新しく)いんたれすと(Interest:面白い)情報を扱うネットメディア

橋下徹が行列に8年ぶりに出演【奥さんとの愛】を感じた


人気記事

松本人志の新番組【ドキュメンタル】CMに爆笑したw

27歳、1人で年商1億円を稼いだ「自由な人生を手に入れる教科書」が無料で今すぐ読める

ホームレスのお兄さんを生活保護したらウ○チこいて逃げられた話

【2週間無料】DMMならではの動画が7000本以上!見放題chライト


スポンサーリンク


11月27日(日)、行列のできる法律相談所に去年政治家を引退して現在は私人、弁護士として活動している橋下徹さんが出演しました。

 

政治家をしている時には見れない橋下さんの一面や、昔の行列時代の超恥ずかしい映像や、家族との心温まるエピソードなど、本当に政治家時代とは想像できないほど人間味が感じられる橋下さんの姿が盛りだくさんだったので放送内容をまとめました。

 

基本的に橋下徹さんのまとめになります。*1

いきなりオープニングでタジタジの橋下徹さん

また、「政治家引退してキャバクラ行きまくったんでしょ?」と東野幸治に聞かれると、「やめてくれ」という表情をしながら、「本当に(妻に)殺される」と一言。

 

胸を見るでしょ?と聞かれ、橋下さんはタジタジしながら「妻の監視がなければ」と返答していました。

 

また、北村弁護士と喧嘩している?という話を振られ、「そりゃもう毎回ばちばちですよ」と返答していました。

同じ弁護士同士、更にお互い自分の意見を譲れない同士のライバル寛解が浮き彫りになっていました。笑

 

f:id:hikiyosesmith:20161128073537j:plain

▲番組ではかつての今の政治家のイメージとは全く違う橋下さんの映像が流れる

 

橋下徹の人生最大の事件簿

f:id:hikiyosesmith:20161128073517j:plain

今回の企画は、ゲストの人生最大の事件簿を取り上げるというもの。

橋下さんの事件簿は何かなと思っていたら、「愛する妻と結ばれたこと」でした。

 

そして今まであまり知られていなかった奥さんとの馴れ初めの再現VTRが流れ、橋下徹さんの恋の物語が明らかになりました。

 

妻との出会いは高校時代

高校時代、橋下さんはラグビー部に所属していて、当時テニス部に所属していた妻ののりこさんのことを美人で遠くから見ていました。

 

そんなのりこさんの事を想う橋下さんですが、実はのりこさんは高校時代、橋下さんの親友の彼女だったそうです。

 

なので、高校時代は特にアプローチをすることもなく、大学に進学します。

 

大学に入って急接近

大学に入り、親友とのりこさんが別れたことを知った橋下さんは、すぐに彼女に電話をします。

 

デートに誘うと、

 

「別に暇だしいいよ」

 

と返事をしてくれ、そこから二人は仲良くなっていきます。

f:id:hikiyosesmith:20161128073659j:plain

▲大学時代の橋下さん、今とは雰囲気が全然違います。

 

車の中の矢沢永吉

橋下さんが東京に帰らなければいけない日、橋下さんはのりこさんをドライブに誘いました。

夜車の中で、

 

「オレに1分間だけ時間をくれないか?」

 

と話し用意していた矢沢永吉の曲を車の中で流します。

そして、

 

「目つぶってくれないか?あんまり見つめられるとその瞳に吸い込まれそうになるから」

 

とのりこさんに話、二人は付き合うことになり、現在に至るそうです。

 

橋下さんは人間、笑

当たり前ですが、この話を聞いて、可愛い女の子に一目惚れしていたり、矢沢永吉が好きだったりと、「橋下さんも同じ人間なんだなぁ」と感じました。

 

それくらい、政治家時代とのギャップがありすぎました。

いかに政治家の時に、自分に鞭を打ってストイックに活動していたということがわかります。

 

ちなみにこの夫婦の馴れ初めのVTRが流れた時は、橋下さんは笑顔ですごい恥ずかしそうにしていました。

 

f:id:hikiyosesmith:20161128073812j:plain

▲現在7人の子どもがいる橋下夫婦

 

妻からの手紙

そしてVTRが流れたあと、橋下さんの奥さんののりこさんから「出会った当時、そして現在どう思っているのか?」という内容の手紙が読み上げられました。

 

そこでの内容が、結婚から20年ほど経っているにも関わらず、夫婦が仲睦まじい様子が感じられました。

 

素敵な手紙だったので、以下に全文を載せさせてもらいました。

 

妻のりこさんから橋下徹さんへ

高校時代はチャラチャラしている人だなと思って、興味はありませんでした。

でも、大学に入って再開した時は一緒にいてとっても楽だし波長も合うし、居心地のいい人だなと感じるようになりました。

 

「この人なら信頼できるしついていける」と思いました。

 

政治家になると聞いた時はもちろん反対しましたが、本人の意思は固まっていたので意見を聞き入れてくれるはずもなく、そこからどんどん目まぐるしく環境が変わっていきました。

 

イヤなこともたくさんありましたが、普通ではできない貴重な経験をさせてもらい、逆にありがたいと大変感謝しています。

 

その一方で子どもとの日常会話が下手で

パパって何か最近絡みづらいねと長男長女あたりがぼやいています。

 

でも、パパはすごいと思っているし尊敬していると思います。

 

もう少しで50歳になることを考えると、少しゆっくり2人で旅行ができるくらいの歳まで生きてもらって仲良く過ごしていきたいので体だけは大切にほどほどに頑張ってもらいたいです。

 

-橋下典子-

*1:画像放送内容の引用元は全てhttp://www.ntv.co.jp/horitsu/から

プライバシーポリシー